EAGLE Program

E.A.G.L.E. (Excellence Accelerator for Grounded Learning Environment) Program©は、シンプルなツールとビジュアルなシステムで、学習文化の異なる個人や組織が21世紀に求められている批評力のある知的スキルに転換することをサポートします。

 マレーシア・プトラ大学 (UPM)デザイン・建築学部 主任教授、前学部長のラヒナ・イブラヒム教授が開発したこのプログラムは、 Grounded Learning社(マレーシア)が実施権を持っています。
 弊社は2018年6月にGrounded Learning社(マレーシア)と日本での運営に関する契約を結びました。

 

すでに数多くのワークショップが、大学だけでなく企業のイノベーション促進プログラムとして、マレーシア、インドネシア、イギリス、インド、湾岸諸国などで開催されています。大学院の受講生は学位を取得後、大学や企業の第一線で活躍しています。

そのプログラムから、日本の研究者/大学院生向けに“PhDジャーニー”をテーマとして、2つのワークショップを開催いたします。1月はE.A.G.L.E.プログラムの認定トレーナーが、3月はエキスパート・トレーナーであるProf. Rahinahが来日して、指導にあたります。(教材は英語・日本語の対訳で、日本人アシスタントがサポートします。)

EAGLE ワークショップ:英語を母語としない研究者のための論文作成サポートプログラ

研究者/大学院生のための短期ワークショップのご案内

 

EAGLE ワークショップ イノベーティブリサーチの基礎 [EW1-G]

 日程

 2019年1月19日 (土)~20日(日)   2019年3月2日(土)~3日(日) 

 2019年3月7日(木)~8日(金)    各回 午前10時~午後6時

EAGLE ワークショップ 文献から理論を組み立てる [EW2-G]

 日程

2019年3月4日(月)~5日(火)

2019年3月9日(土)~10日(日)   各回 午前10時~午後6時

ワークショップ1(EW1-G)では、“PhDジャーニー”の全体を見通して、リサーチクエスチョンの狙いを定めます。研究活動で重要な課題設定について、E.A.G.L.E.の仕組みを使って思考・発想のトレーニングを行い、参加者自身でリサーチクエスチョンを練り上げていきます。

ワークショップ2(EW2-G)ではクリティカルな文献レビューについて学び、実際に参考論文をレビューしていきます。さらに構造化されたE.A.G.L.E.フレームワークを使った論文の草案の作成方法を学びます。

 詳しくはご案内のPDFをご覧ください。

 

参加費:[EW1-G] イノベーティブリサーチの基礎 30,000円

    [EW2-G]  文献から理論を組み立てる   45,000円

    *EW1-GとEW2-Gのコンボプログラム(10%割引)があります。

    

なお、参加費のお支払には、銀行振込、PayPal、公費払いをご利用いただけます。 

EAGLE Navigatorのサイトへ 

URL  https://eaglenavigator.com/eagleprogramjapanjp/

 

Facebookでもご紹介しております。

eagle program japan